« HGIF宇宙戦艦ヤマト その2 | トップページ | 頭文字D パーツコレクション2nd Stage »

2005.05.15

「造形集団 海洋堂の軌跡」展 関連イベント トーク&映画『ローレライと海洋堂』

水戸芸術館で開催された「海洋堂の軌跡」展 関連イベント トーク&映画『ローレライと海洋堂』にいってきました。

mito2001

13時からトークショー開始なのですが、午後3時と勘違いしていて、気付いたのは開演40分前。(*_*)  普通に車で行って40分はかかるので、「これは間に合わないかな」と思いつつ急いで家を出た。

前の車あおりまくりで急ぎます。片側2車線になってからは、隙間を縫うように走行。奇跡的にほとんど信号に引っかからず、決して道路が空いていたわけではないのに30分かからずに到着してしまいました。ホントにミラクルです。普通では考えられません。(お巡りさんがいなくて良かったともいう・・・)

予約していたチケットを引き替え、急ぎ足で会場へ。すごい込んでるかと思ったら、空席もあるし、2階3階席はガラガラで拍子抜け。  一人の気軽さで3列目に空席を1つ見つけ座ることができた。

mito2002 ピンぼけですんません。

13時を迎え、司会のなんとかさんと 海洋堂専務宮脇修一氏(ホントは代表取締役)、樋口真嗣監督、原作者福井晴敏氏が登場。宮脇氏の話では、このイベントは芸術館での「海洋堂の軌跡」展第1日目に、展示会場を見て、自分たちのおまけフィギュアやガレージキットがとてもいい感じで展示されていることに感銘し、一歩引いた立場より積極的にこの展示会に係わりたくなり、ホールもあるなら映画上映して、ついでに監督とかも読んだりしたらどうでしょうという思いつきに水戸芸術館側も賛同して急遽決まったとのことであった。  告知や宣伝の期間が少なかったのでこんなに空席があるのねと納得。

トークショーは、海洋堂とローレライのかかわり、主役潜水艦伊507のデザインがどのように決まっていったか、撮影時の話など専務、樋口氏、福井氏の楽しい語りで、あっという間に予定していた1時間40分が過ぎてしまった。

先日、開催2日目に家族で「海洋堂の軌跡」を見に来た時には展示していなかったが、今回のイベントに合わせてか、特別展示として4月26日から海洋堂が映画製作のために作ったひな形を元に制作された潜水艦伊507の模型(ディスプレイ用模型)や、撮影用小道具としてローレライシステムの3Dレーダー(みたいなの)とパウラのいすが展示されていました。

映画上映までのわずかな時間でしたが、それら特別展示を眺めにいっていたら、宮脇氏、樋口氏、福井氏が3人そろって登場。伊507をバックに記念撮影していました。  ああ、出がけに急いでいなければ、ローレライのパンフなり原作本なりとペンを用意していたのになァ・・・・。近くにいた数人はサインもらってました。チケットの半券にでもしてもらおうかとも思ったけど、ちょっと失礼ですよね・・・(もらってる人いたけど・・・)

15時より、第2部 映画「ローレライ」上映。2回目ですが楽しく鑑賞しました。上映後に、再び樋口氏と福井氏が登場してあいさつしてくれました。大サービスですねぇ。(^O^)。       そして、密かに楽しみにしていた、海洋堂宮脇氏よりの「秘密のおみやげ」を受け取って会場を後にします。一杯余ってました。(モッタイナイ)

中身は・・・・・

lorelei-004

これと、

lorelei-014

これと、

lorelei-017

これと、   ローレライのスペシャルDVDリミテッドバージョン(限定10000枚 非売品)でした。(追記、見てみましたが予告編を集めたような内容で13分ほどの映像です。)

ちょっとがっかり。他の人のは同じなのか違うのかわかりませんが、近くで話している人の会話から入っていたフィギュアは、違うような感じでした。

おみやげにも、シークレットやレアアイテム有りなのかなあ・・・。さすが海洋堂。

(この記事を読まれた方で、こんなのが入っていたという情報をお持ちの方、コメント頂けたら幸いです。)

ランキングに参加してます人気blogランキングへ

|

« HGIF宇宙戦艦ヤマト その2 | トップページ | 頭文字D パーツコレクション2nd Stage »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「海洋堂」カテゴリの記事

コメント

初めまして。芸術館で検索をかけて、こちらにたどりつきました。
私も、15日のトークショーと映画に行ってきた者です。
秘密のおみやげには、種類があったのですね。私がもらったものは、上半身のみのパウラ嬢や伊507が浮上している場面のフィギュアみたいでした。

実は私は海洋堂さんのことやフィギュアにもあまり詳しくないのですが、トークショーはとても楽しめました。上映終了後、おみやげをもらって出口に向かっていたら宮脇氏、樋口氏、福井氏が目の前を通り、握手をしてもらっている方々を見て、私もしてもらってくればよかったと心底後悔していますが、上映の前にも展示室のほうにいらっしゃったのですね。
しかしながら、貴重なお話をたくさん聞けて、とても良い時間を過ごせました。

長々と失礼致しました。

投稿: 悠 | 2005.05.17 14:22

さっぴーさん、はじめまして!
先日はウチのブログへのコメントありがとうございました。

なんと、さっぴーさんのもらったフィギュアとボクのもらったフィギュア、3個中2個がカブってマスね。

それにしても、ホント楽しいイベントで、一生の思い出(←大袈裟スギ!)になりましたぁ~!

それでは。

投稿: マサキ。 | 2005.05.17 23:18

>悠さん

はじめまして。ご丁寧にコメントありがとうございました。
同じ時間を共有できた方からコメントをいただけてありがたいです。

前々から注目していた映画の監督、原作の方々、何かとメディアでの露出も多い宮脇専務を、間近に見ることができていい思い出になりました。

>握手をしてもらっている方々を見て、私もしてもらってくればよかったと心底後悔しています

私もお三方を目の前にしながら何もできませんでした・・・ああ、モッタイナイ。

投稿: さっぴー | 2005.05.18 05:13

>マサキ。さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございました。

おみやげの情報もありがとうございました。やっぱりみなさんセブンのキャンペーンフィギュアだったのですね。 その場で開けていた人たちの会話が漏れ聞こえてきたときに、飲茶系のフィギュアのことを話しているような気がしたので、色々あるのかなーと思っていたのですが・・・。

>それにしても、ホント楽しいイベントで、一生の思い出(←大袈裟スギ!)になりましたぁ~!

自分も同じ気持ちです。ホント楽しかったですね。

>悠さん
>マサキ。さん

よろしかったら、またのぞいて下さいね。

投稿: さっぴー | 2005.05.18 05:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67731/4142284

この記事へのトラックバック一覧です: 「造形集団 海洋堂の軌跡」展 関連イベント トーク&映画『ローレライと海洋堂』:

» 「ローレライと海洋堂」 レポート [福井晴敏情報局]
15日に水戸芸術館で「造形集団 海洋堂の軌跡」展関連イベント トーク&映画「ローレライと海洋堂」が開催されました。その様子はさっぴーさんのブログで見られます。 「秘密のおみやげ」というのはアレのことだったのですね。...... [続きを読む]

受信: 2005.05.16 00:58

« HGIF宇宙戦艦ヤマト その2 | トップページ | 頭文字D パーツコレクション2nd Stage »