« 向吉悠睦の世界 現代佛像 向吉悠睦の彫刻 観賞用仏像コレクション | トップページ | タツノコ キャラマスコット2  タカラ »

2005.10.26

1/144現用機コレクション第2弾 艦上のドラ猫 F-14 TOMCAT

先日、予約しておいたDVD「トップガン」が届きました。結構好きだった映画で、ビデオを借りて何回見たかわかりません。本編を見て、特典DVDを見て、本編のコメンタリーを見て、もう一度本編を見直しています。F14がとてもかっこいいです。CGがなかった頃なので、ドッグファイトシーンはすべて本物です。未見の人はぜひ見てください。 監督はリドリー・スコット監督(エイリアン)の弟だったのですね。今回初めて知りました。

で、今日、出張の帰りにローソンに行ったら、童友社のF-14が出ていたので、思わず買ってしまいました。全7種+スペシャルなのですが、残っていた7個を買って4種しか出ませんでした。まあ、でもそんなに詳しいわけでもないのでこれで満足です。1部組み立てなので、とりあえず2機だけ組んでみました。

VF-154(ブラックナイツ)

f14-001

帰宅前に本屋に寄ったら、月刊モデルグラフィックスもトムキャット特集だったので買ってきました。1972年に開発され、30年あまり実戦配備されてきたF-14も、来年にはすべて退役してしまうようです。(/_;。)    ブラックナイツの詳しい解説も載ってますが、ちんぷんかんぷんです。(^.^; 厚木基地に配備されていて、髑髏マークのジョリー・ロジャースに次ぐ人気だそうです。

f14-002

可変翼が可動します。

f14-003

マーキングも細かく入っています。

VF-111(サンダウナーズ)

f14-004

コピックでウェザリングしてみました・・・・ちょっとやりすぎちゃいました。(ToT)

f14-005 f14-006 f14-007

入手した残り2種は、VF-2(バウンティハンター)とVX-9(バンディワン)でした。(よくわかりませんが・・・)

トップガンにでてたのはどれなんでしょうね?

きゃらぶらいふの現在の順位は→banner_02

|

« 向吉悠睦の世界 現代佛像 向吉悠睦の彫刻 観賞用仏像コレクション | トップページ | タツノコ キャラマスコット2  タカラ »

「フィギュア」カテゴリの記事

コメント

先日はうちの子といっぱい遊んでいただき有り難う御座いました。
なな☆に言われてやってまいりました。

『トップガン』ですが 私も好きですね~。
設定考証のいい加減さや、中だるみしてホントに勘弁してほしいラブシーン(+歌)など突込みどころ満載ですが・・

それよりも空撮シーンがカッコイイーー!

最近はCG全盛で空撮もCGが多いですが、それゆえとても嘘っぽく見えてしまいます。
やはり本物の映像は違いますよね。
私は特に冒頭の発艦シーンが一番好きですね。

さてさて話を本題に戻しますが、
『トップガンにでてたのはどれなんでしょうね?』
こちらは劇中でマーベリックとアイスマンが乗ってた機体に書いてあった部隊マークのことでしょうか?

結論を言ってしまえば、両方とも架空の部隊マークです。

と言ってもまったくの架空ではなく両方とも当時現存していた他の部隊のマークを使ってます。

マーベリックの部隊マークは当時 VAW-110(既に解散)という早期警戒飛行隊(E-2C)を、
アイスマンの方は VFA-25という戦闘攻撃飛行隊(F/A-18)
から持ってきてましてF-14を運用していた戦闘飛行隊のマークではないんですよね。

以上 超オタなネタでした( ̄▽ ̄;)エヘヘ、エヘヘ、、

投稿: 蒼天パパです。 | 2005.10.27 19:54

>蒼天パパさん

はじめまして~(=^_^=) ようこそいらっしゃいました。

>先日はうちの子といっぱい遊んでいただき有り難う御座いました。

アオ君かわいかったので、ホントはもっと遊びたかったです。

>『トップガン』ですが 私も好きですね~。
設定考証のいい加減さや、中だるみしてホントに勘弁してほしいラブシーン(+歌)など突込みどころ満載ですが・・

トップガン、ホントただただみていて楽しめる、こういう映画大好きです。
今回の特典DISCには制作当時の裏話などたくさんあったのですが、本物の教官「バイパー」さんが監修していて、かなりつっこみ入れたそうですが(飛行中マスクもバイザーもしてなかったりとか、ロッカールームのタオル姿とか)、制作側は大衆受けする設定優先だったそうです。
バイパー氏としては、映画の大ヒットにつながったので、結果としては納得という様子でした。

>結論を言ってしまえば、両方とも架空の部隊マークです。

ご教授ありがとうございました。大変勉強になりました。
・・・実はどんなマーキングなのか細かくチェックしたこともないのですが・・・逆光での撮影好きな監督さんなのと、動きが速くて目がついて行きません。(T-T)


>最近はCG全盛で空撮もCGが多いですが、それゆえとても嘘っぽく見えてしまいます。
やはり本物の映像は違いますよね。
私は特に冒頭の発艦シーンが一番好きですね。

ジェット後流での墜落シーンと撃墜シーン以外は本物の空撮で、ホントに迫力満点ですよね。元気になりたいとき見たい映画です。
冒頭のシーンいいですね。引き込まれます。

それにしても、さすが飛行機系お詳しいですね。
これからは、空の疑問は蒼天パパにお任せです(´ー`) 

投稿: さっぴー | 2005.10.27 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67731/6586126

この記事へのトラックバック一覧です: 1/144現用機コレクション第2弾 艦上のドラ猫 F-14 TOMCAT:

« 向吉悠睦の世界 現代佛像 向吉悠睦の彫刻 観賞用仏像コレクション | トップページ | タツノコ キャラマスコット2  タカラ »