« 旭山動物園マグネット・ズー ファミリーマート限定 | トップページ | TAITO スーパーメカニクス アルカディア号TVアニメカラーバージョン »

2007.08.20

アルティメットソリッド 東映英雄列伝

Toeih001 予約品が先週届きました。全5種+シクレ1で6種なのですが、なにがシクレかわからないときに予約したので2セット頼みましたが、ズバットと聞いてがっかり・・・。この5種の中で一番なじみがないやつなんだもん・・・・(ToT)

このラインナップは、どう見ても30代後半から40代向けですよね。今時の若者は買うんでしょうか・・・。
これらのヒーローを知らない年代にもわかるように、アルソリライダー1弾の時のような個別の解説書は絶対必要だと思うのですが、磐梯山はどう思っているのでしょう。

「人造人間キカイダー」より
キカイダー
Toeih002

放送期間:1972年(昭和47年)7月8日から1973年(昭和48年)5月5日

放送回数:全43話

放送日:毎週土曜日20:00 - 20:30

放送局:NET(現テレビ朝日)系

人造人間のジロー=キカイダーと、ミツ子・マサルの姉弟、ハンペン(私立探偵の服部半平)が、行方不明になった光明寺博士(ジローを造った科学者。ミツ子・マサルの父でもある)を探す旅を続ける(ジローと姉弟、ハンペンは、必ずしも同行している訳ではなく、別行動を取る事も多い)。悪の組織ダークのロボット(等身大)とキカイダーが戦う姿、ジローとミツ子の恋、父と子供たち(姉弟)の行き違いなども盛り込まれている。

以下ウィキペディアキカイダーへのリンク

Toeih003
「8時だよ!全員集合」の裏だったんですね~。本放送時に見ていたかは記憶にないです。再放送で見てたのかな~。
Toeih004 Toeih005
目はクリアですが、やや暗いですね。
Toeih006
メカ部分は細かく作り込まれてます。
Toeih007 Toeih008

「ロボット刑事」より
ロボット刑事・K
Toeih009
ロボット刑事』(ロボットけいじ)は、石森章太郎作の漫画(週刊少年マガジン連載)、およびそれを原作として1973年(昭和48年)4月5日から同年9月27日までフジテレビ系で毎週木曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、東映製作の特撮テレビ番組。主人公であるロボット刑事の呼称は「K(ケイ)」。

警視庁の特別科学捜査室に配属された、犯罪捜査用ロボット。高度な知性と、人間並みの豊かな感情を併せ持つ。通常時は、目の色は黄色で、戦闘時は赤く、悲しい時は青に変化する。通常はハンチング帽にブレザー姿だが、バドーの犯罪ロボットと戦う時は、「ゴー!」の掛け声と共に脱ぎ捨てる。右胸のロボット破壊砲が武器。第22話でバドーに対抗するため強化改造され、頭部には機関砲、肩にミサイルが装備された。以後は「ブローアップ!」の声とともに全身が赤く変化し、戦闘モードに入る。 水中戦も可能。重力・気圧調整回路により、火星でも活動可能。動力は原子エネルギーであり、巨大要塞マザーの機内で、両耳から補給される。目の視覚回路は、破壊されると交換には24時間かかる。敵に応じて内部の部品を交換する事も可能で、8話でカミナリマンのサンダービームを逆転させる逆流コイルを内蔵した他、目の視光レーダーを交換する事でガンリキマンの光線に対抗した。

ウィキペディアロボット刑事へのリンク

Toeih010
知ってるけど、じっくり見た憶えはありません。
Toeih011
ブレザーを脱いで、全身ロボットの状態のほうがいいなぁ。
Toeih012
ハンチングは取り外せます。散財生活さんのまねして、手に持たせてみましたが、なかなかちゃんと持てなくて大変でした。
Toeih013
眼は塗りです。

「イナズマン」より
イナズマン
Toeih014
イナズマン』は、週刊少年サンデーに連載された石森章太郎作の漫画、およびそれを原作として1973年(昭和48年)10月2日から1974年(昭和49年)3月26日までNETテレビ(現・テレビ朝日)系で毎週火曜日19:30 - 20:00に全25話が放送された東映製作の特撮テレビ番組。また、それに登場する架空のヒーロー。

東南大学三年生・渡五郎(わたり ごろう)はある夜、友人の丸目豪作と共に女性と少年が怪人に襲われる現場を目撃する。彼らはそこに助けに入るが怪人に攻撃を受け、渡が海中に落下してしまう。

気がついた渡は別の場所におり、その前には先ほどの女性と少年、数人の少年少女たちがいた。彼らは事情を説明する。「自分たちは超能力を持つミュータント・少年同盟であり、帝王バンバの率いる新人類帝国と戦っている」と。

さらに渡の前に少年同盟の盟主・キャプテンサラーが現れる。彼は「渡も超能力を持っている」と言い、それを覚醒させる。渡の超能力とは、サナギマン、そしてイナズマンに変転するものだった。渡は少年同盟と共に新人類帝国のミュータンロボットと戦うことを決意する。

最終話で新たな敵・デスパー軍団が登場。物語は『イナズマンF』へと続く。

ウィキペディアイナズマンへのリンク


Toeih015
毎週ではないけど、結構見ていた気がします。でも、あんまり覚えていない・・・。
Toeih016 Toeih017
触角とか眼の塗りが意外といい感じ。
Toeih018 Toeih019
持ってるのはなんて言うのか知りませんが、こんなふにゃふにゃのラインでいいんでしょうか?

「超人バロム・1」より
バロム・1
Toeih020
バロム・1』(バロム・ワン)は、さいとう・たかをによる漫画作品。およびそれに登場する架空のヒーローの名称。1970年から約1年間『週刊ぼくらマガジン』に連載された。

1972年には、東映製作の特撮テレビドラマ作品『超人バロム・1』(ちょうじんバロム・ワン)として、1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、よみうりテレビ系で毎週日曜日19:30 - 20:00に全35話が放送された。さいとう・たかをによる原作からは、設定の一部が流用されているほかはデザイン・ストーリーは大幅に変更されている。
また、アニメ作品として、2002年12月7日から2003年3月22日まで、アニメシアターXにて『バロムワン』というタイトルでリメイクされた。ただし、その設定、ストーリーは大幅に改変されている。

白鳥健太郎と木戸猛がお互いの右腕をクロスさせることによって、2人の友情のエネルギーから生み出される正義のエージェント。ただし、変身前の自我も残っているため(両目の中で会話する場面が度々挿入される)、2人が喧嘩をしたりお互いを信頼しない状況に陥った場合、バロム・1の変身は解けてしまう。信頼関係が回復するまで再び変身することはできない。友情のバロメーターは、300バロム単位から変身。普通の人は50バロム。

身長2m、体重80kg。体は特殊な細胞でできており、7千度の高温、-210度の低温、100気圧、10万ボルトの電流、あらゆる劇薬に耐えるが、中盤以降は敵が強力になったのか、敵の毒や炎で苦しむ事もあった。海底、地底とも千メートル進める。目は遮光シャッターで光による攻撃を防ぐ(第8話)。全身の神経を耳に集中させる事で人間の千倍の聴力が得られ、4km四方の音を聴ける。胸に巨大なトゲが刺さっても、全身のエネルギーを胸に集中させれば引き抜ける(第32話)。

ウィキペディアバロム・1へのリンク

Toeih021
バロム・1はよく見てましたね~。友達と「バロムクロス」ごっこをよくやりました。
Toeih022
バロム・1の顔の塗装は、よい状態じゃないものもあるようです。赤の塗料が少しはみ出してますが、顔にぶつぶつは無いようです。まあ、あたりかな。
Toeih023 Toeih024

「快傑ズバット」より
快傑ズバット
Toeih025
快傑ズバット』(かいけつズバット)は1977年(昭和52年)2月2日から9月28日まで、東京12チャンネルの水曜日19:30-20:00枠にて全32話を放送。東映テレビ事業部の製作による特撮テレビ番組及び、作品中に登場するヒーローの名称でもある。現場における撮影スタッフは東映テレビプロダクションが担当した。

ウィキペディア快傑ズバットへのリンク

Toeih026
全然見たこと無いです。(^.^)
Toeih027 Toeih028
ヘルメットのZマークは自分で取り付けです。厚みがありすぎじゃないんですかね?
1カプセルに2セットはいっている親切ポイントは健在でした。↓
Toeih029
シクレのズバット
Toeih030
V3の宮内洋さんですが、似てますかね?
額から鼻にかけての、ヘルメットのひさしの影色塗装は必要でしょうか?
Toeih031 Toeih032
ボディバランスや、スーツの再現性、ポーズの特徴など、アルソリならではの出来になってますね。
やっぱり解説書に不満が残る・・・。

きゃらぶらいふの現在の順位は・・・→banner_02 ←ココをポチッと押して下さい。(^.^;
e_01 ←こちらもよろしくです。にほんブログ村 コレクションブログへ←コレクションサイトあります
日本ブログ新聞ランキング

|

« 旭山動物園マグネット・ズー ファミリーマート限定 | トップページ | TAITO スーパーメカニクス アルカディア号TVアニメカラーバージョン »

アルティメットソリッド」カテゴリの記事

「ガシャポン」カテゴリの記事

「フィギュア」カテゴリの記事

コメント

宮内さんの影色塗装は要らないですねえ(笑)!
吹きました。
でも顔は似てると思います。宮内さん自身には
パッとみ似てませんが、ズバットマスクをかぶった
感じは確かにこんな風でした(ちょっと押された
むくんだ感じ)。
とにかくシリーズ化に大期待な商品です。個人的には
アカレンジャーが出て欲しいです。

投稿: Yugo | 2007.08.21 00:11

僕も回して、キカイダー、イナズマン、バロム1の3種だけ手に入れました。
キカイダーは、今回の本命でしたが、頭が二重構造になってなく目が暗いのが残念でした。ラインの塗りもはみ出しがあったりして少し汚いし。
Kは全身ロボットなら欲しくて回したかも。
イナズマンは目の塗りに感動しました。
持ってるやつはフラッシュでのアイテムだったと思いますが、この大きさだとラインのフニャフニャは仕方ない気がします。
バロム1は後ろ姿が地味ですがこんなもんでしたっけ?
ズバットは僕も見たことありませんが、宮内さんは似てますね(^^)

投稿: かめかめ | 2007.08.21 01:39

今回ラインナップされたキャラクターは自分の知らないものばかりで、辛うじてSICで出ているから知ってるようなキャラがいるくらいで、全く馴染みのないラインナップだったのですが、ハカイダーと絡ませたいとの理由で、キカイダーのみ入手しました。当時をよく知らなくても、どこか説得力を感じさせる造形はさすがアルソリといった感じです。でも、塗りに関してはレベルダウンしているように思います。個体差ですかね?クリアパーツもさっぴーさんの言う通り、あまり生かされてないですし。来月末?に出るアルソリ仮面ライダーはもう少し頑張ってほしいです。

投稿: casis | 2007.08.21 09:36

今時の若者な俺、参上ですw

一応5人とも知っていますし、好きなのですが、金銭的にキツイのと、置き場所がもうないということで、ショップでキカイダーだけ買ってきました(^^)

若干目のクリアが暗めだったり、塗装が雑ですが、結構良く出来てると思いますよ!!まあ、未だに別展開で未塗装版でもリリースしてくれないかなぁと(汗)


あとはズバットが欲しいです(><)あ、もち通常版でw似てるとは思うのですがアイテムとしてはちょっと・・・。


投稿: K3NT@ | 2007.08.21 14:04

>Yugoさん

もっと丁寧ならまだしも,雑な影色塗装はいらないですよね(^.^;
塗らなくてもひさし長いので十分影になるし・・・。

顔,似てますか。番組を見ていないのでわかりませんです。結構似ているという意見が多いようですね。いっぺん見てみたくなりました(^.^;

シリーズ化,なりますかね~。なるといいですが。
希望はアカレンジャーですか。戦隊にいったらいくらでも題材ありますね。(^.^;

では,私は仮面の忍者赤影希望。変身忍者・嵐もいいかな。(あ,HG響鬼で出たか・・・・(^.^;)

投稿: さっぴー | 2007.08.22 15:44

>かめかめさん

塗りは結構個体差がありそうですね。
状態のいいのにあたるといいのですが,はみ出しや汚れがあるとちょっとがっかりです。

フラッシュでのアイテムでしたか。イナズマンはあまり真剣に見てなかったのでよく分かりません。Fならなおさらです。確かに,あの幅に7本もラインを書くのは大変ですね。・・・もしかして手書き?中国のおねーさんもたいへんです(^.^;

バロム・1後ろ姿・・・
私も後ろ姿までよく覚えてませんが,やっぱりこんなものかと・・・。

投稿: さっぴー | 2007.08.22 15:53

>casisさん

これらを知らないということは,若手組ですね。
なるほど,S.I.C.とかで認知度はあるんですね。
それと,ダークヒーローでハカイダーを先に出しておいたのが,上手いやり方ですね。やはりキカイダーと並べてみたくなるし・・・。と,いいながら,並べた写真撮るの忘れた・・・爆

塗りはフィギュアの最終仕上げ段階ですから,もっと気合い入れてレベルあげて欲しいです。最初に比べレベルダウンしているような印象が・・・・。
アルソリライダー3に期待しましょう。(^.^)

投稿: さっぴー | 2007.08.22 16:00

>K3NT@さん

今時の若者登場ですね。(^.^)
やはりキカイダー入手ですか。この中では認知度も人気も露出度もNo.1でしょうか。
おじさんは,バロム1の登場に泣けたのですが・・・(^.^;
未塗装版もいいですが、私は自分で塗れないので・・・

ズバットが今回のシクレですが、微妙ですね。進んで欲しいとは思わないかな~・・・・出ちゃったら仕方ないかと・・・(^.^;

投稿: さっぴー | 2007.08.22 16:09

すでにダークヒーローズはシリーズ化決定みたいですから、期待できるかもしれませんよ~。と言っても、東映英雄列伝的な展開で言うと、イナズマンFのウデスパーがいるだけですから、直接期待が持てるわけではないですが…。日輪仮面がいたりしたら、「お、次は英雄列伝でアカレンだな」とかなるんですが。

嵐ってけっこう人気ですね。僕は70年代では、なぜかロボ刑と嵐だけが、どうも苦手(というか見てなかった)なんですが、嵐は最近見てみたいって思います。

投稿: Yugo | 2007.08.23 00:26

ガシャ1回やってみたら、バロム・1でした。ですが、埼玉で昭和47年生まれの私、ちゃんと「バロム・1」を見たことないんですよ^^;
 関東ではバロム1、全然再放送しなかったので><

 友人にビデオもらったことのあるキカイダーかズバットがよかったです~。

 ちなみに、これにも顔に黒い汚れがありました><

投稿: サンザイオー結城 | 2007.08.23 19:13

>Yugoさん

ダークヒーローズ、シリーズ化ですか。後はどんなダークな人がいるんでしょう。思い浮かばない・・・(^.^;

小学校時代はゴレンジャーまでなので、メタルヒーローとかがラインナップしてくると全然わかりません。
キャプテンウルトラも東映ですが、入らないかな~(^.^;
嵐は中身よく覚えてないのですが、好きでした。DVDとか、レンタルにあるのかな~。見直してみたい。
ライオン丸も見てたかな(あっ、ピープロか)

投稿: さっぴー | 2007.08.23 22:55

>サンザイオー結城さん

47年生まれ・・・。いいなぁ若くて・・・(^.^;
私も関東ですが、バロム・1再放送なかったですか?
覚えてないな~。でも本放送を一生懸命見てた世代なので・・、印象深いです。水木アニイの気合い入った主題歌が好きです。(歌詞を文字にするとほとんど意味を成さない日本語がステキ。)

顔に汚れ・・・。やっぱり品質管理をしっかりして欲しいですよね、「人形は顔が命」といいますし・・・。

投稿: さっぴー | 2007.08.23 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67731/16183381

この記事へのトラックバック一覧です: アルティメットソリッド 東映英雄列伝:

» 超人バロム・1(ワン) [新・サンザイオーブログ]
 ガシャポン「アルティメットソリッド 東映英雄列伝」をやったら、バロム・1でした。 超人バロム・1  原作者は「ゴルゴ13」で有名なさいとうたかを。  宇宙の果てで、善の化身コプーと、邪悪の化身ドルゲ... [続きを読む]

受信: 2007.08.23 19:21

« 旭山動物園マグネット・ズー ファミリーマート限定 | トップページ | TAITO スーパーメカニクス アルカディア号TVアニメカラーバージョン »