« 今年も参加してきました ハガセンオフ会 IN 秋葉原 | トップページ | 組立式 機動戦士ガンダム DXハイスケールモデル 全1種 »

2008.02.27

酒井ゆうじコンセプトワークスGODZILLA “構(KA-MA-E)” 第3夜 

Sakaigojira026 ゴジラ「構」、アキバでもたくさん売ってました。
近所のコンビニではもう売れたようで、すっかり姿を消してしまいましたよ。
ゴジラ好きは多いんでしょうか。

さて、第3夜は残りの2種プラスデスゴジのレアカラーを一気にいきたいと思います。

1.2夜では撮影してなかったので、箱の中の様子を・・・。
Sakaigojira027
ご覧のように台座のしめる面積の方が大きいぐらいです。
フィギュアと重ねて配置すれば、もっとコンパクトに収まる気がしますね。

GODZILLA1954(ゴジラ)
Sakaigojira028
酒井ゆうじ氏作品解説
 映画公開当時、宣伝用に撮影されたキャノン砲に囲まれている有名なスチール写真をモチーフにしています。このシーンは実際の映画には存在しない宣伝の為に設定された場面で、映画ポスターにも使用されていますが、数カットある中からポスターに使われたものとは別の、最もかっこいいと思う1枚を選びました。初代ゴジラは今更説明するまでもなく、1954年に公開された初のゴジラ映画です。1958年生まれの私には勿論リアルタイムで見られたはずもありませんが、この映画を当時観た子供達にどれほどのインパクトを与えたか、今やハリウッドで大御所となった映画監督達に与えた影響を考えると想像に難くありません。造形にあたっては、その独特の重量感・不気味さ、なにより初代ゴジラのみが持つと言ってもいい神々しさを再現するのに努力しました。手に取ったファンに好きなアングルで楽しんでいただけるよう敢えて足位置を設定していません。貴方の手元で全てのゴジラの原点である初代ゴジラを堪能してください。
 彩色に関しては、モチーフとなったスチール写真を基に白黒で塗装しました。
封入の解説カードより
Sakaigojira029 Sakaigojira030 Sakaigojira031
初代の目線は、相手がみんな小さいですから、見下ろした感じですね。
Sakaigojira032 Sakaigojira033
小さい耳が妙にかわいい(^.^;
Sakaigojira034 Sakaigojira035 Sakaigojira036
初代ゴジラ映画もまじまじと鑑賞したこと無いです。じっくり観てみたい。

GODZILLA1964(モスラ対ゴジラ)
Sakaigojira037
酒井ゆうじ氏作品解説
 モスゴジの「構」といえば、まず思い出すのは両肘を脇につけ手を前方にかざして前進するポーズです。シーンとしては名古屋城に向かって歩いていく場面で、丸みを帯びた女性的で優しいボディライン、反して悪役の象徴とも言えるにらみをきかせた大きく鋭い三白眼、躍動的にくねる尾、揺れる頬、それら全てがファンの背筋をゾクゾクさせる生物感たっぷりのモスゴジです。この場面でのモスゴジは、頬がブルブルと震えるところから、ファンの間で「ブルブルモスゴジ」と呼ばれ、永久に人気のトップを競うゴジラであり、私自身この仕事につくきっかけを作ってくれた最愛のゴジラなのです。製作にあたっては、今まで造形していた大型のモスゴジと比較しても遜色ないほどモールド1つ1つにまでこだわり、限りなく資料に忠実に、前傾姿勢で尾は敢えて浮かし躍動感のある一瞬を再現しました。「構」モスゴジの決定版といえるでしょう。
 彩色に関しては、劇中の映像の色を基に青みを帯びた体色にしました。
※封入の解説カードより
Sakaigojira038 Sakaigojira039
長いしっぽもいいですが、太めのしっぽもいいですね。
Sakaigojira040 Sakaigojira041
目が生きてます。
Sakaigojira042 Sakaigojira043
こちらの目線は見上げた感じですね。
Sakaigojira044 Sakaigojira045
しっぽを浮かせてあるので、支えの棒がついています。ない方がいいですが、無いと倒れちゃいますね。

GODZILLA1995(ゴジラVSデストロイア)
Bタイプ

Sakaigojira046
単価が高いので、2個目の購入は賭でしたが、無事に別バージョンが出てよかったです。
1BOX5箱入りで、それぞれBタイプが1つ入っているとすると、4BOX買わないと全8種はそろわないと言うことでしょうか。マニアな人は大変ですね。
Sakaigojira014 Sakaigojira046_2
通常彩色版のデスゴジとの比較です。クリアの方が、オレンジ部分が暗く見えますね。
Sakaigojira047 Sakaigojira048 Sakaigojira049
逆光気味で見ると、クリア素材の良さが出ますね。
Sakaigojira050 Sakaigojira051
目の部分もクリアです。この↑画像で見るとちょっと目元がガイガンみたい(^.^;
Sakaigojira052
台座のロゴも色違いです。
Sakaigojira053 Sakaigojira054
今回の3種を並べてみました。皆さんはどれが好み?
Sakaigojira055 Sakaigojira056
足の指も全然違います。モスゴジは指が3本。デスゴジと初代は4本ですが指の付き方が全然違いますね。

所有のゴジラが4体増えました。全部でいくつになったんだろう・・・。名鑑もほとんどあるし、ガチャ版もあるしなあ・・・。あっ、プライズのもあるか。
全部並べてみたいけど、スペースがない(って、こればっか・・・・)

きゃらぶらいふの現在の順位は・・・→banner_02 ←ココをポチッと押して下さい。(^.^;
e_01 ←こちらもよろしくです。にほんブログ村 コレクションブログへ←コレクションサイトあります
日本ブログ新聞ランキング

|

« 今年も参加してきました ハガセンオフ会 IN 秋葉原 | トップページ | 組立式 機動戦士ガンダム DXハイスケールモデル 全1種 »

ゴジラ」カテゴリの記事

「フィギュア」カテゴリの記事

「食玩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67731/40283960

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井ゆうじコンセプトワークスGODZILLA “構(KA-MA-E)” 第3夜 :

« 今年も参加してきました ハガセンオフ会 IN 秋葉原 | トップページ | 組立式 機動戦士ガンダム DXハイスケールモデル 全1種 »